MENU

社員紹介

member

真剣勝負。私は負けない
前田 芽衣
  • 経営企画部
2022年度入社

心・技・体。
幼い頃からの部活が私の軸を作った。

初めまして、前田と言います。私は5歳から10歳まで新体操、高校は弓道に取り組んできました。

 

やるからには、「TOPを目指す。」当時の先生たちには、技術面だけではなく人間性の部分も大いに鍛えていただきました。

 

特にスポーツは「自分の思った通りにいかない」そんな時に、どのような「行動」「考え方」をするべきかを教えてもらったと思います。

 

朝から晩までとにかく強くなるために「スポーツに没頭」した私は、他の同級生とは少し違った学生生活だったのかもしれません。

 

新体操では小学生部門ですが団体優勝、個人4位。高校の弓道では、長崎県高等学校総合体育大会 団体3位の結果を出すことができました。

 

その中で、キャプテンをやらせてもらい、仲間と同じ「夢」に向かって努力することの楽しさにハマってしまいました。

意外な、私に気づいた大学時代

正直、勉強は得意ではありません。小さい頃から、文系よりも理系が好き、手先が器用だったので大学に進学したいと思い「住居・インテリア学科」で大学生活を送ることになりました。 

         

「設計」という課題に取り組む中で、自分でも気づかなかったのですが、「設計に入る前の企画やコンセプトづくり」が得意でした。

 

振り返ると、高校までに培った「目的達成のために」という考え方が、私の物事の考え方の軸に備わっていたのかもしれません。

 

そこから「企画」がとても楽しくなり、3・4年では設計に加えてブランディングなども行う研究室に入りました。

 

研究室ではウイスキー蒸留所のブランディング・設計や、福岡県古賀市のエコバックデザインなど、設計以外の事にも参加していました。

 

自分で考えたことや想いが形になり、そしてそれが多くの人に伝わっていく喜びを知った大学時代でした。

好きなことを、仕事に。
環境に、負けない。

私がアーバンライクに入社を決めた理由は、会社のミッションです。

「理想以上の暮らしを舞台に、人々の素敵な「ドラマ」を作る。」

吉野社長が、このミッションやエピソードを語る姿を見て、そして、面接であった社員さんの人柄もとても魅力的で「私もこんな大人になりたい」と直感で思ったからです。

私の好きなことは企画なので、設計だけではなく広報やPRという分野にもとても興味があります。

この大好きなアーバンライクの魅力を、私の得意な企画力で、より多くの人に「伝わるように伝えて」いきたいです。

 

これからも会社はものすごい勢いで成長しています。九州から全国へ、もしかしたら世界にも展開するかもしれません。

事業も、今あるニーズの解決から、世の中にニーズを作り出す展開もあるでしょう。私はその変化、成長角度や魅力に負ないよう、誰よりも挑戦し成長していきます。

 

好きな事を、仕事に活かす。

自社のこと、自分のとこ、社員一人ひとりのこと、お客様のこと、全てを知って、世の中で一番アーバンライクの魅力を語れる人材になります。

MESSAGE

就職活動中のあなたへ

どんな企業に就きたいかを考える前に、自分がどんな人間なのかを知ることが大事だと思います。

自分がどんな性格なのか。何を大切にしたいのか。どうなっていきたいか。そういったことを文字や言葉にすることで、自然と自分の軸や知らない一面に気づくことができるのではないでしょうか。

実際私はそうでした。就活を始めた頃は話を聞ける先輩も居らず、周りがどんな活動状況なのかも分からずで焦る一方で、とりあえずで説明会に参加することも多かったです。

自分の軸を見つけてからは、やるべきことや行きたい企業も絞ることができ余裕を持てました。こんなに自分と向き合うことってそうそうないと思います。

不安なのはみんな同じなので、落ち着いて、丁寧に自分の将来を選んでみてください。応援しています。